一戸建て住宅の外観にはサイディングを

一戸建て住宅を新築で建てました。全体は、ガルバリウムの外壁で、そしてアクセントに木のサイディングを入れました。もともと、木造の自然派住宅に憧れていたということもあり、一部だけとはいえ、木のサイディングを入れられたことは、とても満足しています。一戸建て住宅の外観にしても、すべてがガルバリウムの外壁ではなく、一部を木のサイディングにしたことにより、優しくそしてオシャレな印象になったと思っています。ですから、家のデザインについては、結構満足しています。けれど、木のサイディングって塗り直しがいるのですよね…。ガルバリウムの外壁は築10年を超えても、なんら劣化することなく(おそらく)保たれているのですが、木のサイディングの方は築3年目には「あ、もう禿げてきている」とわかるぐらいに塗装が剥げてしまうのです。まあ、仕方がないことなのですが。それで築10年を超えたということもあり、先日木のサイディングの塗り替えリフォームを行いました。ボーナスで払えるようなリフォーム費用ではあるのですが、ちょっと懐痛いかなとは思っています。