リフォーム費用が高いのでやっぱり新築住宅

「中古住宅にしようかなー」と思う気持ちもありました。だって今では、格安価格ともいうべき値段にて、中古住宅が売りに出されていますからね。しかも建売住宅よりも大きなサイズの中古住宅が。それに今のリフォーム技術を考えたら、中古住宅に惹かれてしまうというわけです。格安価格で一軒家を購入して、そしてピカピカにリフォームをしてもらえば、かなりお得な買い物だと思ったのです。けれども結局やめました。結局、新築で一戸建て住宅を建てることにしたのです。なぜなら、中古住宅の匂いがどうしてもダメでしたので。カビ臭い匂いがダメだというわけではないのです。カビ臭い匂いは、換気でどうとでもなると聞きましたので。けれども、排水管の匂いについては、排水管をすべて交換しなければ対策できないということを聞き、それで断念したのです。中古住宅は表面だけをリフォームすれば、良心的な価格で済むのですけれど、しかし外壁だ排水管だと見えないところをしっかりとリフォームすれば、高額なリフォーム料金になるのですよね。それならば一戸建て住宅を建てた方がいいだろうとの判断です。新品にこだわりはないのですが、けれども直すのにそれなりのお金がかかるのならば、それならば新築一戸建て住宅を選ぶというものでしょう。